着物レンタルHANAEMIハナエミ

HANAEMIコラム

なぜ【成人式】に振袖を着るの?

なぜ成人式に振袖を着るの?

まず振袖が誕生した理由!
振袖が誕生したのは、江戸時代前期。
若い女性が着る正装の和服の袖丈が次第に長くなりました。
長くなった理由は袖丈が長いと所作が美しいことや、袖を振ることで男性の気を引けるなど、いくつかの理由があったようです。


江戸時代で振袖の長い袖は恋愛のサインに使用されていた?

男性の求婚に応じる場合は袖を左右に振る、受け入れない場合は前後に振ります。
既婚女性は袖を振る必要がない為、袖を短くして留袖として着ます。
なので振袖は未婚女性のものという意味もあるのです。

また「振る」というしぐさには神様を呼び寄せる、厄を払う、場を清めるなどの力があるとされています。
神社では神主さんが玉串を振ってお祓いをするように長い袖を振る振袖には、厄払いやお清めの効果もあると考えられました。

成人式に振袖を着ることで、厄を払い、人生の門出に身を清めるという意味があるのです。
是非お気に入りの振袖で成人式を迎えましょう!

Copyright (C) HANAEMI Co.,Ltd. All rights reserved.